読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

雲と青空色のさいくりんぐ

人生折り返しの年齢でロードバイクを始めた

シフトチェンジ(リア)の練習。

こんにちは、伊藤です。

最初の練習で近所の公園まで行く坂道で、ペダルが回せなくなって足をついたり、コケたり…。華々しいデビュー=ロードバイクの良さを体感することもなく(´-ω-`)。

「ばばあ!普通の自転車とロードバイクは全く違う乗り物なのだよっ!ふぁっはっはっはっはっ!」

という洗礼をビシバシ受けました…(詳しくは前記事、参照)。

 

とりあえず、ギアが適正に操れないとどういうことになるか、ということだけは身をもって知りました( ー`дー´)キリッ!

 

ということで。そのまま公園について、そこの駐車場(過疎地なのでほとんど人も車もこないので広々使える平地)でひたすらシフトチェンジ(リア)の練習です。

 

注)ギアについて全くわかってない超絶初心者のおばちゃんが書いているので、これを読んだ人は「(゚Д゚)ハァ?」としかならないと思うので、その時はバカがバカなこと言ってると思ってそっ閉じしてください。

 

 

駐車場をグルグル周りながら、どんどんシフトチェンジ(リアのみ)をかけていったのですが、それで、夫が「軽くなったやろ?」とか「速くなった感じがしない?」と声をかけてくれるのですが…

私、なぜか重たいギア(だから、シフトアップ?)にした時に軽くなった感じがするんですね…

で、しばらくしてから「あ、やっぱり重たい」となる。

 

混乱。

 

どうやら、身体の接触感覚がにぶすぎるみたいで。自分の足が重たくなったのを感じるのが大変遅いのに、推進力を感じる方が感度が高いみたいで。

推進力を先に感じるので、一瞬、速くなった=軽くなった、と勘違いするみたいなんですよね…(;´Д`)

小レバーを押してる時点で自分の足が重たくなるぞってわかってないといけないんでしょうけど…どうにもこうにも。

 

とりあえず、しばらく駐車場をくるくると周りながら、がちゃがちゃシフトチェンジをやって、シフトアップしたから重たい、シフトダウンしたから軽い、と、脳に言い聞かせて。

わかったようなわかってないような(´`:)

夫は「あとはとりあえず乗りながら、身につけていくしかないから。」と慰め半分呆れ半分。

 

とりあえず、シフトチェンジ(リア)の操作と操作したらどうなるか、ということをなんとなく理解したということで、その後は公園の展望台まで行って景色を眺めて、復路。

 

行きにズッコケた坂道を自転車に乗ったまま下るのが怖くて、結局、歩いて自転車を押して坂道を下り、最初に一度上りそこねた坂は迂回して、緩やかな道を行き。

 

全く持って冴えないほろ苦デビュー、シフトチェンジ練習でした。

 

でも。案外、めげてません(笑)。自転車ごとひっくり返って地面に倒れ込んだまま大笑いとか、自分がどういう身体感覚で生活しているか発見するとか…この歳になって新鮮過ぎる体験がこんなにできるなんて!正直、わくわくしかしません(笑)。

 

がんばるぞー٩( 'ω' )و